« ちふれ化粧品⇒無印・敏感肌シリーズ | トップページ | マロンロール:キースマンハッタン »

2009年11月21日 (土)

親と教師の集う会

あやっち(長女:高3:受験生)の通う高校の、
”親と教師の集う会”に参加するため、
東別院の名古屋女性会館へ行ってきました。

親と教師の集う会とは?
PTA主催ではなく、
子どもを思う親と教師の自主的な会です。
お茶とお菓子を食べながら、
気軽に話し合えます。

あやっちの通う高校には、
同学年&同中学出身者は1人もいないので、
親の私は、
この会のおかげで、
高校の色々な情報を得ることができます。

今回は、卒業生を向かえて、
受験関係・大学院のことについて、
話を聞くことができました。

卒業生の子の話で、
「親が、駄目元でも行きたい大学を受けさせてくれた。
自分が納得できるまでチャレンジすることができた。
今の大学でも後悔無く頑張れている。」
とあり、安心しました。

あやっちは、最後のマーク模試の結果が出ていて、
第一希望大学は、E判定でした。
でも。
私も↑の卒業生の親御さんのように、
本人が納得できるように、
将来、「受験しておけば良かった。」と後悔しないように、
第一希望を変えずに、受験させます。

|

« ちふれ化粧品⇒無印・敏感肌シリーズ | トップページ | マロンロール:キースマンハッタン »

高校生を持つ親」カテゴリの記事

コメント

受験生をもつ親として。
私もかつて父親に大学進学を反対され、でも母親は応援してくれました。そのおかげでなんとか努力をし、気力だけは十分で今の仕事に就くことができ、結婚して子供ができても続けらてることに感謝しています。
人生だれのものでもなく子供本人のもの。それがどのような結果になろうとも納得できたものであれば、その思いに沿ってあげたほうがいいと思います。
無駄なんてないと思います。すべてが経験。実となります。私も新築にもお金がいるし、長男だけでなくあとの二人の息子の教育費を・・と考えると気が遠くなるほど大変なんだけど、生きてる限りなんとかなるって感じで子供の支援をしていくのが親の責務かなって感じてます。

投稿: ひとやん | 2009年11月23日 (月) 23時00分

ひとやんさんへ
>人生だれのものでもなく子供本人のもの。
私も、その通りだと考えています。

うちは、長女と次女は8歳離れているので、
学費がかかる時期が重ならないので、
なんとかなりそうです。

投稿: あやまなママ→ ひとやんさんへ | 2009年11月24日 (火) 22時51分

うちもE判定から巻き返しましたよ。

人生においてチャンスやチャレンジの機会は数少ないわけですから、それでいいと思います。

可能性があるのですからとことんぶつかって、すっきり受験が終わるといいですね。

投稿: pira | 2009年11月26日 (木) 21時22分

pira さんへ
>うちもE判定から巻き返しましたよ。
本当ですか!!!
今後に希望が持てる書き込み、ありがとうございます!

今日、高校で三者懇談会がありました。
「センターの結果にかかわらず、第一志望校を受験します。」
と担任の先生に宣言してきたところです。

>すっきり受験が終わる
そうなんですよ。
悔いなく、終わらせてやりたいんです。
国公立の2次試験が、2月25日なので、
後3ヶ月です。

投稿: あやまなママ→ pira さんへ | 2009年11月26日 (木) 23時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 親と教師の集う会:

« ちふれ化粧品⇒無印・敏感肌シリーズ | トップページ | マロンロール:キースマンハッタン »