« 電卓を替える | トップページ | まなっちのクローゼットの片付け »

2010年8月 8日 (日)

着物を収納している桐の衣装ケース

Photo

着物を収納している桐の衣装ケースの中身を全部出して、
中身を点検し、用途別に入れ替えました。

黄ばんでいた足袋や幼児サイズの足袋は、捨てました。

防虫剤も切れていたので、取り替えようと、
買い置きの防虫剤の外袋を開けたら、
既に”とりかえサイン”が出ていました。。。
衣類の防虫剤は、開封しなくても使用期限がくることを知りました。

↑の浴衣は、あやっち(長女:大1)が小学生の頃、
私が縫った浴衣です。
サイズは小学3~4年生ぐらい。
まなっち(次女:小5)も着られなくなったので、
姪にまわします。
白い長方形のものは、不織布でできた幼児用帯板(多分)。

兵児帯を結ぶ時には、
帯板のかわりに、画用紙を折り曲げて、
おなかの辺りにくるように兵児帯でくるんで、入れています。
こうすると、兵児帯が腰紐のように細くならないので、
きれいに着られます。
体のバランスを見て、画用紙の幅を決めるといいと思います。

|

« 電卓を替える | トップページ | まなっちのクローゼットの片付け »

掃除・片付けの成果」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 着物を収納している桐の衣装ケース:

« 電卓を替える | トップページ | まなっちのクローゼットの片付け »