« 富士山あたりのお土産 | トップページ | サイズアウトの服(size140) »

2012年8月16日 (木)

映画【おおかみこどもの雨と雪】

ネタバレありです。



少し前にテレビで放映された【サマーウォーズ】を見た時、
【おおかみこどもの雨と雪】の宣伝をしていました。
それで気になっていたのか、まなっち(次女:中1)の希望により、
私と2人で、見てきました。

オフィシャルサイト⇒おおかみこどもの雨と雪

私は涙腺がゆるく、簡単に涙が出るのですが、
(子どもを産んでからは、子どもがらみの話に特に弱い。)
この映画は、最初から最後まで、泣き通しでした。

大まかなあらすじは、
おおかみと人間のハーフの子ども2人を、
その2人を産んだ母親1人で育てる話です。

映画を見終えて分かったことは、
私は、【育児が大変でつらかった時期】を封印していたということ。
それなのに、
映画の中の母親に自分の過去の姿を重ねて、
封印を解いてしまったということです。

私が育てたのは、もちろん人間の子でしたが、
育児方法を全く勉強せずに母親となりました。(できちゃった婚ではない)
夫は、家事育児について、
「頼まれればやるけど、それは俺の仕事ではない。」と考えている人。
当時は、実家から離れているところに住んでいて、
自分が歯医者に行くにも、子どもを連れて行く状況でした。
夫がオムツを替えられないというので、私が美容院に行く時は、
実家に帰ったりしていました。
実母は働いていたので、
「気分転換に、子どもを預けてちょっとお出かけ。」などもしたことがありませんでした。
子どもと2人の毎日に、本当に煮詰まっていました。

こんな過去を思い出して、泣き通した私。
映画終了後、メイクは落ちて、まぶたがはれ上がっていました。

育児経験のある方、特にほぼ1人で育児をした方は、
絶対泣けます。

一緒に見たまなっちは、どのくらい理解できたのかな?


にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村

追記:2012年8月21日
この映画はミッドランドスクエアシネマで見たのですが、
インターネットでチケットを購入しました。
映画鑑賞当日は、チケットカウンターに並ぶ必要もなく、
劇場に設置してある発券機でチケットを受け取る仕組みです。
座席指定席券(席もある程度、選択できます。)なので、
早めに購入しておけば、良い席が確保できます。
とても便利だったので、次回もインターネットでチケットを購入しようと考えています。

ミッドランドスクエアシネマ

|

« 富士山あたりのお土産 | トップページ | サイズアウトの服(size140) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

中学生を持つ親」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、この映画は口コミを観る限り 賛否両論で私も気になってました。 絶対的母性愛に感情移入できるかどうかが ポイントらいしですけど、 子育て経験者は そうそう。 共感しやすいかねしれないですね。

母親1人子育て。 私も転勤族なので 近くに両親がおらず主人も週半分くらい出張だったので ほんと 自分は朝昼夜食パンかじって何て事もざらでしたね。美容院行けなくで セルフカットも出来るようになったし、フルタイムで働いてた時は、親子で熱ばっかり出してたし、実家に未満児連れて新幹線で帰る一ヶ月に一度がすごく楽しみで・・・・。
そういう経験がある人と、ない人。両極端かもしれませんね。

実家が近かったり、同居している人は大変だろうなあと思うけど、でも助けてもらえる事も多いようなので やっぱり羨ましくもあるけれど、でもそのおかげで自立出来た 本当の意味で大人になったと思います。

こどもには、あなたが結婚して子供が出来ても、手伝わない。 私は自分の好きなことするからって今から行ってますけど どうなるかな?

投稿: みなみん | 2012年8月21日 (火) 06時44分

みなみんさんへ
↑の日記、絶対的母性愛に感情移入しすぎて、
上手くまとまっていないのですが、
私が言いたかったことまで、コメントに書いていただき、
ありがとうございました。

>そういう経験がある人と、ない人。両極端かもしれませんね。
口コミが賛否両論の理由は、多分、経験がある人とない人に分かれるからだと思います。
だから一緒に見た娘は、泣いていなかったし。

育児については、
援助者がいなかったから、親として自立できたと私も思います。

自分の娘に子どもが出来た場合、
保育所のように日常的に子どもを預かることはしないつもりです。
家政婦のように日常的に家事援助もしないつもりです。
でも、娘が病気の時やその子どもが病気の時は、手助けしたいと考えています。

みなみんさんも、育児に孤軍奮闘していたのですね。


投稿: あやまなママ→みなみんさんへ | 2012年8月21日 (火) 10時56分

見に行ったんですね。
次女に誘われたんですが、興味がなくて断っちゃいました
子育て的な部分で色々思う事があるんですね

私は、東京で頼る人もなく長女を育てました
本当にその頃は旦那も仕事が忙しくて
1人で育てた感じがします。
振り返るとたくましく生きてきたと思います
次女は自閉かもといわれたお陰?で
一緒に楽しむ事を重視して、人の中に入るしかなく
1人で育てたって感じはなく、世間で育てられた気がします
次女は名古屋で育てました。

今となっては、苦労はて良かったと思うし
苦労して考えて生きてきて良かったと思います。

結局は映画も外出もやめて、
ゲームソフトで妥協してしまいました。

投稿: よっし~ | 2012年8月21日 (火) 15時52分

よっし~さんへ
まなっちの夏休みの予定は、ほぼ部活動で埋まっており、
唯一まとまった休みだったお盆休みを利用して、
さくっと見て来ました。

よっし~さんも東京で、一人で子育てをしましたよね。
私は、実家から離れてはいましたが、同一県内だったので、
私が夜中に体調を崩した時、親が駆けつけてくれました。
よっし~さんは、そういうことも難しかったのではと推察します。

精神的ストレスがたまり、ちょっと涙を流してスッキリしたい時、
この映画をオススメします。
よっし~さんも絶対泣けると思いますよ。

ミッドランドスクエアシネマは、木曜日がレディースディです。

投稿: あやまなママ→よっし~さんへ | 2012年8月21日 (火) 18時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画【おおかみこどもの雨と雪】:

« 富士山あたりのお土産 | トップページ | サイズアウトの服(size140) »